重く圧し掛かる後悔から逃れよう|任意売却で失敗を取り返す

両親を自宅に呼び

並ぶ住宅

熊本市の両親を実家に移り住むように招くこともあります。そうなると実家は空き家になってしまい、定期的に空き家の掃除や手入れをする必要が出てきます。今後の管理の手間などの心配のないように不動産売却を検討しましょう。

もっと読む

新しい街への引っ越し

置かれた虫眼鏡

福岡市のような都市部であっても、ビジネス街に近い東部地域の場合にはマンションの空き家が多くあります。ただ、大学移転に伴って教育環境や医療環境に大きな変化が生じているので、きちんとしたチェックが重要になります。

もっと読む

事務から設備管理まで

手渡す家の模型

どうせなら、より質の高いサービスを提供してくれる管理会社を選びたいものです。管理組合があるので、しっかりと見定めて選ぶ理由を決定しておくと良いでしょう。また、コミュニケーションの円滑化も大切です。

もっと読む

保証会社とは

模型の家と鍵を渡す人

家賃保証会社は、連帯保証人がいなくても物件を借りることができる便利な会社です。その代わり保証料が必要になり、保証人がいる人よりもお金はかかります。また、保証人がいなければ住めないところもあります。利用の際は気をつけておきましょう。

もっと読む

ローンの仕組み

一戸建ての住宅

夢のローンのはずだったゆとりローン

1980年代後半に登場したゆとりローンと呼ばれる国が力を入れた住宅ローンが存在しました。このローンは最初の5年間は金利2%と当時としては低金利で返済することができました。しかし10年を過ぎるとその金利は4%になり返済方法も見直されるというローンでした。このローンを借りた場合10年を過ぎると月々の返済額がそれまでの倍近い金額になることもあり、ローンを支払えない人も増えたのです。このローンにはいくつかの前提条件があり、そうした前提条件がすべて満たされる場合にお得に借りれるローンだったのです。その条件とは、終身雇用制で給与やボーナスは上昇する、物件の価値は購入した時から変化しないというもので今の時代には全くあてはまるものではありません。そうするとローンを払えない人も増え任意売却を利用する人も増加したのです。

任意売却を行った後の流れ

住宅ローンが支払えなければ当然住宅は差し押さえられ最終的には裁判所の手続きにのっとって競売にかけられます。それでも現在はローンの残額に満たないケースがほとんどでその後自己破産や債務整理など社会的信用がなくなってしまうケースもあるのです。建物が競売にかけられるのを防ぐ制度の一つが任意売却です。任意売却とは債権者の同意のもと家の持ち主が任意で住宅を売却する方法です。そこで得られた利益はローンの支払いに充てられます。任意売却を行う場合でもそれぞれのケースでゴールは異なります。任意売却を行ったうえで自己破産するのか、そのご月々の返済金額を下げてもらって返済するのかなどいくつかの選択肢があります。より早い段階で債権者である銀行と話し合いの場を持つことでより多くの選択肢が与えられることになります。ぎりぎりまで放置するのではなくローンが支払えないと分かった時点で早急に相談することが大切なのです。

↑ PAGE TOP

メニューバー